So-net無料ブログ作成

樹冠投影図 [花子]

かれこれ10年ほど前に組んだ樹冠投影図作図マクロ。今になって改めて引っ張り出してくると、現在の花子では当初以上に使えそうで、コードを修正中。

学生時代に簡単な(とは言ってもよくある楕円で近似させるものではなくスプラインで自然な曲線を表示させるもの)樹冠投影図作図マクロを組んだのが発端である。

さて、たいていの場合、樹冠の張り出し長は東西南北の4方位について計測し、楕円で表示することが多い(もちろん手描きの場合は自然な曲線で描くわけだが)。
ところが院生時代、研究室には8方位で計測した膨大なデータがあり、せっかくの計測値を無駄にするはもったいないぞ、ということで、8方位の計測値を元にスプラインで自然なラインを表示させるマクロに組み直し、CSVファイルを読み込む機能も付け足した…のが2002年。




改めて掘り起こすと、今の花子では透明度が使える。ブール演算(図形加工)も使える。「図面」で縮尺やスケールが簡単に扱える。これは使えるぞ、というわけである。

とりあえずダミーのデータで描画させるとこんな感じ。1mを1cmとして描画する。
no-title

とりあえずこれ以降は手作業となるが、透明度が使えるため、薄く色を付けると重なりが分かりやすい。「図面」で縮尺を1/100にするとスケールバーなんかも使える。
no-title

で、もちろん色を付けることも可。
no-title

図形加工の「追加」で樹冠全体の形が取れて…
no-title

コドラートで「切り抜き」する。縮尺は既に1/100に設定しているため、「メジャー」で面積を測ると、たとえば被覆率なんかがあっという間に計算できる。
no-title


データはもちろん花子のままで使えるわけだが、Illustrator に持ってくることも PowerPoint に持ってくることも簡単。




とまあそんなわけで近日アップ予定
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

Chiu

はじめまして、
今樹冠投影図を描きたいですけど、このマクロは花子2013で使えますが?
何が花子2013体験版で動かないです。
by Chiu (2013-09-18 18:11) 

臼田です。

お問合せありがとうございます。
WindowsXP上で、製品版の花子13で試してみたところ、問題無く動きました。
ただ、他の環境でのテストはしていない(と言いますか、すぐにできる状況にない)ため、あらゆる状況で確実に動作するか、というと、ちょっと確証がありません。すみません。
エラーメッセージが出る、出力された図がおかしい等ありましたら、ご連絡頂けると対応できるかもしれません(もちろん場合によっては対応できないかもしれませんが、その際は申し訳ありません)。
by 臼田です。 (2013-09-18 20:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。